SERVICE

LP制作事業

LP(ランディングページ)とは?

LPとはアクセスしてきた見込み顧客に対して自社商品の魅力を伝え、最終目的である「購入」「申し込み」「会員登録」まで導く重要なページです。

LPとは基本的に1ページだけのシンプルなページです。当サイトのように複数のページを持たず、1つの訴求に対して集中して読んでもらうフィールドとなります。

従って、ターゲット層を明確にし、訴求の方法を的確にすることで、確実にLPから成果が発生してきます。

マンガ調のLPが人気

最近では、マンガを使って見込み顧客に情報を伝える手法が流行っています。活字だけの情報ですと特に最近の若い世代の方は読まずにページを閉じてしまう傾向になります。

マンガで情報を伝えることで、アクセスしてきた人に「楽しく」情報をと届けることができます。多数の成功実績もあり、今流行っている訴求方法です。

LPとインターネット広告の整合性を合わせる

効果のあるLPを制作するには、インターネット広告との整合性を合わせることが最重要となります。

広告出稿をしたところからどんな人がアクセスをしてくるのかを明確にイメージしてターゲット層を決めます。そしてLPはそのターゲット層に響く内容にすることでLPの成約率は高くなります。

インターネット広告の王道であるPPC広告の例でご説明しましょう。

LPにアクセスしてくる人はPPC広告の「広告文」を読んで、「自分が求めている情報がここにありそうだ・・」と期待を持ってアクセスしてきます。

アクセスしてきたLPに求めている情報が書いていないと、期待はずれのページだと思われて即座にページを閉じられてしまいます。これでは広告費をドブに捨てるようなものです。

LPを制作する時には、広告との連携を考えることが重要なのです。

見込み顧客にページを閉じられないように

ヒートマップ

成約率の高いLPを作るには広告との連携が重要というお話をしましたが、アクセスしてきた人をいかにページを閉じさせずに最後まで読んでもらう成約してもらうかが重要です。

基本的にユーザーは、LPのページの下にいくに連れて興味が薄れていく傾向にあります。ヒートマップツールを使うと下にいくに連れて青色になり見られていないことが明確です。

つまり、ユーザーを飽きさせない魅力的なコンテンツの連続にする必要があります。

「え!この商品すごい!」→「こんな効果まであるの!?」→「こんな使い方もあるんだ!」→「今だけ30%OFF!?」・・

例えばこのようにユーザーが興味を持ち続けるようなコンテンツの連続にする必要があります。

LP制作前の下準備

LPを制作する時の大切な要素をお伝えしたところで、早速LPを作りたくなったと思います。

しかし焦りは禁物です。LPはターゲット層を明確にし、そのターゲット層に刺さる魅力的なコンテンツで最後は成約に結びつけます。

そのターゲット層を決める時の重要なポイントをお教えします。

流入キーワードとアクセス数を確認

LPで情報を止めるターゲット層を明らかにするために、LPにアクセスしてきている流入キーワードを把握する必要があります。

例ではPPC広告を元に話を進めていきます。PPC広告の運用情報から下記2点を抽出しましょう。

1.キーワードの月間検索回数
2.アクセスの多いキーワード

LP(商品・サービス)に関係するキーワードが月にどれくらい検索され散るのかを把握しましょう。基本的に検索回数の多いキーワードは需要の高いキーワードとなります。

又、現状でアクセスの多いキーワードで検索してくるユーザーはどんな欲求・ニーズを持っているのかをイメージしましょう。

ニーズに基づく訴求ポイントを見極める

キーワードニーズを把握したところで、そのキーワードで検索してくる人に提供するコンテンツを決めていきます。

例えば弊社サイトに「PPC広告 費用」と検索してきた人は、PPC広告でどれくらい費用がかかるのか、できる限り安く抑えたい・・というニーズがあることが想定できます。

このように、キーワードニーズにマッチしたコンテンツを用意することが大切です。

成約率の高いLPの作り方

kousei

では早速、成約率の高いLPをどのような構成で制作していけばいいのかご説明します。

ファーストビュー

fv

LPで最重要になるのは「ファーストビュー」です。ファーストビューとはアクセスしてきたユーザーが一番最初に目にする部分のことを言います。

このファーストビューでユーザーが求めている情報があるとことをイメージしてもらえなければすぐページを閉じられてしまいます。

特に、検索してきたキーワードを冒頭文に挿入することで直帰(ページからすぐ離脱)は防げます。

ユーザが求めている情報を掲載する

ユーザーの興味を引くには、ユーザーが求めている情報をキャッチコピー文に挿入することが重要です。具体的には以下の要素を挿入しましょう。

» 興味をそそる情報を載せる
» 左側に文章挿入
» 文章を大きくする
» 短くわかりやすく

興味をそそるビジュアル

LPの見た目はユーザーの興味をそそる重要な要素です。

気をつけるポイントとしては、キャッチコピーとマッチした画像や写真を使用することです。基本的に画像より写真の方がイメージが強くなり効果的です。

実績をアピールする【権威性】

authority

アピールできる実績がある場合にはキャッチコピーにその情報を掲載しましょう。人は、実績に弱い動物です。

・大手通販サイトランキング総合1位
・利用者数10万人突破!
・顧客満足度NO.1
・TV番組「〜〜」で紹介されました!

など、権威性によって信頼を得ることができます。

掲載する時には、具体的な数字、有名なロゴなどを使用するようにしましょう。

共感部分を入れる

見込み顧客がどんなことで悩んでいるのかを把握したら、その悩みや不安を言語化してあげます。

「そうそう、そうなんだよね〜」「そこが気にんるんだよ〜」と共感してもらえる情報をファーストビューに挿入しましょう。

両者の共感ポイントを作ることで見込み顧客はこれから説明する商品の情報を受け取る体制が完了するのです。。共感のステップを踏まずに商品説明をしても全く情報が入っていきません。

申し込みボタンをクリックさせる導線

ユーザーに行動させるためのボタンは「お申し込み」はこちらだけだと非常にもったいないです。購入を決めているユーザーに対しては問題ないですが、まだ迷っている人に対しては全くクリック率は高くならないでしょう。

申し込みボタンを使う時の注意点


1、ファーストビューに挿入する
2、情報の間に挿入する
3、目立つ色のボタンにする
4、クリックできることが分かるようにする
5、全額返金保障付きなどのクリックのハードルを下げる文言を挿入
6、制限・期限をアピールして急がせる

商品説明を魅力的に

淡々と商品説明をしても魅力は伝わりません。その商品(サービス)を購入することでどんなベネフィットがあるのか、どんな未来が待っているのかを明確にイメージさせることで魅力は伝わります。

商品のスペックなど、提供する側が言いたいことではなく、その商品を使った未来をイメージさせることです。

例:「寝る前5分のケアで赤ちゃんのプルプル肌を取り戻す!」
  「業界一の軽さで腰に優しい!」

また、ベネフィットの数は7つ程度用意すると好ましいです。1つ1つのベネフィット項目には3〜6業程度の説明も挿入してあげましょう。

見込み顧客が興味のないことをだらだらと書くのではなく、興味のあることだけを書くようにしましょう。文章が多くてもしっかり読んでもらえますので、行動させることができます。

presentation

お客様の声

商品の魅力がユーザーに伝わったことで、「どうしよう、買ってみようかな・・」「このサービスいいな〜申し込みしようか・・」とすでに商品に対してのめり込んで今にも申し込みしてくれそうな状況になっています。

その状態の見込み顧客の背中を押すのが「お客様の声」です。この商品(サービス)を実際に使った人はどんな感じなのだろう?と口コミを知りたくなるのです。

お客様の声は、リアルで信憑性があるほど効果が高いです。お客様の声を利用する時の注意点をお教えしましょう。

・お客様の生の写真を載せる
・名前や年齢、職業などの本人情報を載せる
・口コミのポイントをイメージさせる見出しを挿入

個人情報なので、難しいならば、イラストや仮名でも構いません。

voice

他社商品との比較

見込み顧客はいつでも最高の商品を選びたいと思っています。つまり、自社商品の他社とは違う優位なポイントを紹介しましょう。

他社とどこが違うのか、どこが勝っているのか、購買意思の決定を決める重要な要素になりますので、差別化ポイントは必ず挿入するようにしましょう。

商品購入の手順や期間について

商品(サービス)購入に当たり、どのような手順を踏めばいいのか、どれくらいで商品は到着するのか、前もって準備しておくことはあるのかなど、ユーザーが何をすればいいのかを明確にしておくと、ユーザーは安心します。

・作業がいくつもある場合にはわかりやすく工程表を作る
・ユーザーが何をするのか明確にする
・どれくらいの時間がかかるのか具体的な数字で伝える

step

Q&A(よくある質問と回答)

faq

この時点まで読み進めてもらった見込み顧客には少なからず質問や不安、疑問があるでしょう。

それらの問題をすべて解決できるQ&Aコンテンツを用意します。

回答は明確に。又、回答部分でよい印象を受ける回答を心がけましょう。

LP内に申し込みフォームを挿入する

お客様に情報を入力して申し込んでもらう場合、記入フォームをLP内に挿入するだけでも成約率が高まります。

その際に以下のポイントに気をつけるだけでさらに成約率は高くなります。

・入力するポイントは限りなく少なくする
・入力の「必須」「任意」を明確に表記する
・記入の事例を書いておく(迷わせない)
・エラー項目はすぐに分かるようにしておく
・入力中の項目は色を変える

※電話申し込み・お問い合わせなら電話番号を目立たせるようにしましょう。

form

まとめ

いかがでしたでしょうか?成約率の高いLP制作についてお話してきました。

コンサルを受けないと教えてくれない非常に細かいコツまで紹介したので実践することで確実に成果につながるでしょう。

これからLPを制作される場合で、そうは言っても制作するのにちょっと躊躇する・・。良いLPを作るのに自信がない・・ということであれば、お気軽にご相談ください。

ターゲット・キーワード選定、ニーズの明確化、制作まで一括で承っております。

よくある質問

制作しているLPの品質が高いですが、なぜですか?
弊社では、LP制作に特化した業務体制をとっており、今までに多数のLP制作実績があります。

LPを制作するデザイナーに関してもこだわりを持って選定しています。美的センスが高く、細かいところまでこだわってLPを制作出来る若い根気のあるスタッフのみを配属しております。

その結果、他社には絶対負けない高品質で高い成約率の出せるLP制作が可能となっております。
LP制作費(79800円)に含まれる詳細の費用を教えてください。
【LPデザイン制作の料金内訳】

1、LPのHTMLコーディング(A4で5枚分の文章量)
2、お問い合わせフォーム(PHPで制作します)

LP制作費に含まれない項目は以下の通りです。

・LP内容やキャッチコピー制作
・LP文章制作、修正・校正
・通販システムに導入するショッピングカートなどの制作は不可となります。
追加でフォームをもう1つお願いしたいのですが可能ですか?
可能です。通常、フォーム制作は1つのみとなっておりますが、お問い合わせフォームと申し込みフォームで分けたい場合などを考慮して追加制作をしております。費用に関しては、1万円追加で制作が可能です。ご検討ください。
追加料金がかかることはありますか?
1、フォームを修正する場合(追加項目など)
2、LPのページ数を増やしたい場合
3、当初予定していた文章量よりもコンテンツが多くなる場合
4、特定商取引法などの法的情報を他のページで制作したい場合

これらの場合には、別途料金を頂くこととなっております。
決済方法について教えてください。
LP制作のご依頼は前金制となっております。お支払いは銀行振込での対応となります。お取引が決まり次第、振込先銀行口座情報をお知らせ致します。
LP制作依頼内容を伝える方法はどうすればいいですか?
基本的に、対面での受付はしておりません。ご依頼詳細は、MAILでお伝えください。依頼内容をまとめる際には、MAILでも構いませんが、最近ではGoogleスプレッドシートなどでまとめて情報をお送りくださるケースが多いです。

エクセルやワードファイルで提出して下さる企業様もいらっしゃいます。ご都合のよい方法で依頼内容をお伝えいただければと思います。また、LPに挿入したい画像等がありましたら一緒にご提出ください。
依頼日から5日で制作可能ですか?急を要しています。
弊社は依頼を頂いてから原則5日以内に納品させて頂いております。

しかしながら、複数の他社と依頼日が重なった場合には、LPの依頼内容を頂いた順に着手致します。お急ぎの場合には、依頼内容を早急にお送り頂ければと思います。

現在、依頼件数が多くなっている可能性がありますので、お急ぎの場合には、お問い合わせよりご連絡くださいませ。

又、銀行振込での確認が取れませんとLP制作に着手できませんのでご注意ください。連休時には十分ご注意ください。
LP制作完了前であれば、その都度修正はしてくれますか?
対応致します。フォントサイズや色、デザインなどの細かい変更にも対応させて頂きます。回数は2〜3回程度の対応となりますので、出来る限りまとめてご依頼くださいませ。

又、デザインを大きく変更したいという場合には、複数LPを制作することを推奨しております。2つのLPでどちらが成約率が高いか比べると効果的です。

LP制作完了後の修正については、別途料金を頂戴いたします。あらかじめご了承ください。
「Photoshop Data」などの編集出来るファイルも一緒に頂くことはできますか?
残念ですが、弊社社内での編集データはお渡しすることが出来ません。編集したい箇所がある場合には弊社まで依頼頂ければ幸いです。
「Photoshop Data」などの編集出来るファイルも一緒に頂くことはできますか?
弊社サービスの性質上、LP制作着手後の返金等の対応は出来かねます。依頼された後でも、「着手前」であれば、キャンセル・返金を対応させて頂きます。(全額)

クレジットカード払いをされた場合は、手数料を差し引いた額を返金させて頂きます。

下記より気軽にお問い合わせください。

TEL: 03-5843-1232 | FAX: 03-5843-1275