SERVICE

Twitter広告

Twitter広告とは?

Twitterのタイムラインや検索結果に広告を表示できるサービスです。ユーザーの「つぶやき」の中のキーワード、趣味、思考などより細かいターゲティング設定ができるので費用対効果を最大化し、より顧客になる可能性の高い人に広告を表示させることができます。

ツイッター広告でできる4つのこと

「Twitter広告」では、大きく分けて次の4つのプロモーションが可能です。

1. フォロワーを増やす

企業の公式アカウントのフォロワーは企業の商品やサービスに興味を持ってくれる層です。

いずれ企業に有益なアクションを取ってくれるため、フォロワー数を増やすことは直接的に売上アップにつながります。統計データでは、フォロワーの約半数が、企業の公式サイトに足を運びます。

twad

2、売上につなげる

ツイッターの検索結果、タイムラインに、御社のオウンドメディアに誘導する広告を出稿できます。そのオウンドメディアに興味を持ってくれた見込み顧客から問い合わせが入り、成約するという流れです。

3.ユーザーへのアプローチを増やす

ツイッターからオウンドメディアに誘導して成約させることが目的ですが、それ以外にツイッター上でユーザーと交流を深めることも売上アップには大切なことです。

見込み顧客と「距離」のある広告だけではなく、直接タイムライン上で情報を発信してコメントをやりとりすることななどにより、「信頼関係」が創出されて、売り上げに繋がっていきます。

4.アプリケーションサービスを提供する

ツイッターユーザーの8割以上はスマホやタブレットなどの携帯端末でツイッターにアクセスします。 自社のメディアに頻繁にアクセスしてもらうためには、ツイッター広告を出し続けることも大切ですが、一度ファンになってくれたユーザーに忘れられない措置を取ることが重要です。 それが、アプリケーションサービスの提供です。

オウンドメディアをアプリ化して端末にインストールしてもらう事で、常に画面上に自社アプリが目に留まります。この結果、見込み顧客と企業との距離を縮め、優良顧客を作るファクターになって行きます。

Twitter広告の課金方式について

ツイッター広告においては、広告の「目的」によって課金方式が異なります。

1、ツイートのエンゲージメント

広告が表示され、ユーザーが最初にアクション(いいね・フォローなど)を起こした場合に課金される出稿方法です。

2、アプリケーションの利用率を上げたい場合

アプリがインストールされた時、アプリイントール画面に遷移した時が課金のタイミングになる広告出稿方式です。

3、オウンドメディアに誘導したい場合

ユーザーが広告をクリックしたタイミングが課金のタイミングです。オウンドメディアのURLクリック時のみ課金されます。

4、フォロワーを増やしたい場合

広告からフォロワーになった数に対して課金されます。

5、その他

上記4つ以外の目的で広告を出したい場合に独自に設定をして出稿します。例えば、動画を再生してもらったタイミングが課金の設定などが可能です。

-ターゲティングできる項目-

Twitter広告では以下の項目をもとにターゲティングを設定することができます。

  • 性別
  • 興味・関心カテゴリー
  • Wi-Fi接続限定
  • 地域
  • デバイス(PC・スマホ・タブレット)
  • キーワード
  • 新しい端末
  • フォロワーと類似ユーザー
  • カスタムオーディエンス

ツイッター広告の4つのメリット

広告表示自体は無料!

ツイッター広告はPPC広告と同様にユーザーがクリックをした際、アプリをインストールした際など、何かアクションを起こしたタイミングが課金のタイミングです。 興味のある人のみにアプローチできるので、費用対効果を最大化できます。

リツイートからの広告効果は無料!

ツイッター広告はユーザーが何かアクションを起こした際に課金が発生します。つまり、広告がユーザーによってリツイートされた場合には直接的な広告表示ではないため、リツイートされればされるほど集客効果が無料で高まります。

広告費が自由に設定ができる

広告費用はツイッター社が一律で決めているわけではなく、資金体力に応じて、独自で決めることができます。小規模から大規模な広告まで出稿可能なので、運用がしやすいです。

1日単位で予算を設定

ツイッター広告は1日単位で広告の設定が可能です。セールス数を増やしたい場合には、広告費を増加させるなどビジネスの計画に合わせて出稿ができます。

Q&A

1、ハンドルターゲット(※)は自分で集める必要がありますか?
集める必要はありません。例えば、アパレル系の広告を出す場合には、人気の読者モデルをフォローしているフォロワーさんに広告を出稿することで、アパレルに興味のある可能性の高い属性に広告を出稿することができます。見込み顧客となる属性のフォロワーをたくさん抱えているアカウントを元に広告を出稿していくのです。

(※)ハンドルターゲットとは、広告を表示するアカウント(ユーザー)のことです。
2、PPC広告で出稿していたキーワードも活用できますか?
可能です。ツイッターはキーワード検索をするユーザーだけとは限りませんので、フレーズなどの言葉で出稿もしていきます。
3、クリック単価はどのくらいですか?
決まった単価では出稿できませんが、目標のクリック単価がありましたら、できる限りその数字に近づけるようにサービスさせていただきます。
4、海外に広告は出せますか?
可能です。海外に滞在している日本語を使っているユーザーに広告を出すこともできます。
5、アプリケーション広告には向いていますか?
ツイッター利用者の8割がスマホユーザーです。アプリ広告は最適といえます。
6、Facebook広告との違いは?
ツイッターもフェイスブックもSNSではありますが、ツイッターの方がリツイートされやすく拡散力は強いです。広告をリツイートされれば、無料で広告を出せることと同じですので、広告費以上の効果が受けられます。
7、審査に落ちることはありますか?
ツイッター広告においても掲載ポリシーがあります。広告に出稿する媒体を一度拝見させて頂き、必要な場合は修正を行っていきます。

下記より気軽にお問い合わせください。

TEL: 03-5843-1232 | FAX: 03-5843-1275